癖っ毛

  • 2018.06.07 Thursday
  • 12:54

梅雨入りしました。


個人的な話ですが、私少々癖っ毛です。

この季節、髪の毛がクルクルしてきます。


なので基本、短髪で過ごします。


毛先が丸まって来るんですよね。

困りものです。


今週日曜は風鈴会です。

今週の講義は、芝野虎丸さんの魅力を

知っていただきたく講義します。


今若手棋士の勢いが増して来ています。


一力さん、伊田さん、余さん、志田さん、村川さん、本木さんなどなど

の方々から、芝野さん、許さん、を筆頭とした次世代まで

魅力的な棋士が多数活躍しています。


今回は芝野さんの一局です。


芝野さんの着手には、どんな魅力が詰まっているのか?

是非聞きにいらして下さいね!




じめじめしてます。梅雨間近です。

  • 2018.05.31 Thursday
  • 11:14

梅雨入り間近となりました。

なんだかジメジメして来ました。

苦手な季節です。


先日収録を行いました。

収録は済んで仕舞えば、後は編集さんにお任せとなります。


内容や放映日は、後日改めてご案内します。


収録は何度経験しても慣れませんねー。

それなりに回数だけは重ねているのですが、カメラが回ると緊張します。


お話ししたい事が沢山あるのですが、なかなかまとめる事が出来ません。


手短にかつ分かりやすく。

これが今一番心掛けている事です。


いつか上手になれる事を信じて、また次の機会を楽しみにしてます。


本因坊戦

  • 2018.05.20 Sunday
  • 08:07

😀こんにちは

久しぶりの更新です。


本因坊戦が始まりました。

一局目は激しい内容でしたが、山下挑戦者が半目勝ち‼


お互い引かない素晴らしい内容でした。


第二局は二条城で行われます。


江戸時代に『御城碁』なるイベントがありました。

内容は江戸幕府の将軍御前において、囲碁の対局を披露することです。


その映えある対局に出仕できるのは、囲碁四家と呼ばれる

本因坊家、井上家、安井家、林家の当主及び跡目が基本となります。


御城碁出仕出来ることが、碁打ちの晴れ舞台でした。


そして御城碁出仕者の中で、最強者が名人(九段)に推挙される形です。

ちなみに九段=名人、八段=準名人、七段=上手との名称でした。


対して碁所と呼ばれるのは、囲碁界の総責任者です。


碁所は免状の発行権を手にすることが出来ます。

免状の発行権は囲碁界において、重要な権利でした。


この事から名人不在でも、碁所は居る…そんな時代もあります。

基本的には囲碁界の総責任者=最強者となる為、名人碁所と

呼ばれる事になります。


江戸時代に名人に推挙された、もしくは争碁などで名人になったのは

数少ないのですが、本因坊家から複数人出ています。


今回は本因坊戦。

その第二局が古の御城碁を彷彿とさせる、二条城での対局とは

お洒落な企画だと思います。


是非対局姿や設営にもご注目下さい。





5月です。 風鈴会のご案内

  • 2018.05.04 Friday
  • 12:31

5月ですね。

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?


私は比較的のんびり過ごしています。

遠出はしていませんが、近場をウロウロして

テニスして🎾なんて生活です。


平日よりは休日祭日に、囲碁のイベントがあります。

ゴールデンウィークなどは、子供さん向けのイベントが多いイメージです。


さあ❗5月の風鈴会です。


5月は通常通りの開催となります。

5月13日(日曜) 13時から 新宿囲碁センターにて


講座「本因坊戦が始まります〜挑戦者 山下九段の強さ〜」


本因坊戦が始まります。

今期の挑戦者は、山下敬吾九段です。

皆さんご存知の、トップ棋士です。


その強さはもはや周知の事と感じますが、改めて山下九段の

強さや特色を、皆様に知っていただけたらと考えています。


本因坊戦をより一層楽しんでいただけたら幸いです。


5月26日(土曜)13時〜 新宿囲碁センターにて

講座「本因坊算砂と中村道せき  全てはこの2人から始まりました」


かつて2人の棋士がいました。戦国時代から江戸時代にかけてです。

この2人が居なければ、囲碁はどうなっていたか。

現在のような形では、伝わって居ないかもしれません。


この2人の棋士と、時代背景、棋譜などのお話です。


5月は以上の内容で開催いたします。



風鈴会は当日ふらっと、気楽に遊びに来て下さい。

前もってご連絡も必要ありません。


当日に参加費として3500円(席料込み)頂戴します。

1時間ほど講義しまして、後は参加者同士で対局を

1日お楽しみください。


またご用事などがありましたら、途中で退席も自由です。


お会い出来るの楽しみにしてます。




記録係

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 12:36

記録係と言えば、タイトル戦の中継などで

皆様おなじみの事と思います。


記録係は基本的に、対局中は盤側につきっきりで

記録をつけます。


タイトル戦でなければ、原則1局に1人の記録係です。


難しい局面など訪れると、次にどう打つのかを

一緒に考えるのが、記録係の醍醐味の一つです。


着手が当たったりすると、妙に嬉しかったりします。


問題なのは対局者が長考に入った場合。

流石に予想して考えるのにも、限界があります。


さらには眠気。

お昼過ぎの時間帯などは危険です。


対局者では無いので、集中力や緊張感が…これは仕方のない事です。


そんな時は詰碁です。

詰碁の問題を碁けい紙に書き写し、それをこっそりポケットに

忍ばせて持ち込みます。


簡単には解けない難問を用意しておくのが重要です。


今は記録係も持ち時間が短くなって、上記のような事は

減って来たように感じます。

好きなお菓子

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 12:58

子供の頃からどら焼きが好きでした。

今でも大好きです。


対局していると甘いものが欲しくなる時があります。

何を食べても良いので、どら焼きを食べる事も可能です。


でも、実際食べた事はありません。

ちょっと恥ずかしい気がします。


飴を口に入れたり、チョコレートを食べる方が多いかなと思います。

挑戦手合いになると、宿側で用意してもらえます。


昔の話です。


記録係と言う仕事があります。

対局の側で、記録をつける仕事です。


勉強になりますし、お小遣いにもなるので

院生のお仕事でした。


持ち時間6時間が主流の頃のお話です。

30年程前になります。


当時本戦以上(リーグ戦を含む)の対局には、フルーツのおやつが付いていました。

対局者に出るのですが、記録係にも出して貰えたんです。


嬉しかったですねー。

でも、食べるタイミングが難しい。


対局者の先生が食べていないのに、食べるのもなんだし。

でも対局者は集中しているので、オヤツどころではありません。


ずっと食べないで放置される事もあり得ます。

じーっとオヤツを見ながら、対局見ながら記録していた頃を思い出します。


今では記録係もパソコンや、タブレットで記録を付ける時代です。

手書き世代としては、ちょっと寂しい気もします。


明日は市ヶ谷日本棋院で、快速入段教室です。

皆さま遊びに来て下さい。



ツツジ

  • 2018.04.20 Friday
  • 10:09

ツツジが咲き始めました。

個人的にはツツジと聞くと、ゴールデンウィーク。

 

今年は少し早めの開花でしょうか。

 

ツツジは遠景で見るのが大好きです。

すごい迫力ですよねー

 

どこかに見に出掛けようかと、画策しています。

おススメありますか?

二条城

  • 2018.04.19 Thursday
  • 11:39

今日は😄

 

今日の外は穏やかな様子。

週末は夏日予報です。

皆様お気をつけ下さい。

 

話は変わりますが、本因坊戦が始まります。

挑戦者は山下敬吾九段です。

 

第2局だったかな?二条城で行われるのはご存知ですか?

 

これは江戸時代、徳川幕府の頃です。

御城碁と言われるイベントが行われている時代でした。

 

内容は将軍の前で囲碁の対局を行い、技術を披露する…

簡単に言うとこんな感じ。

 

江戸時代は綿々と続く、大変なイベントなのですが

その第1回が二条城で行われたようです。

 

その故事に倣って今回の本因坊戦が行われるようですね。

 

二条城、徳川秀忠公の御前で行われています。

ここに謎があります。

 

なんで京の二条城?当時将軍家光公なのに、なぜ秀忠公御前?

 

昔の歴史は紐解いていくと、色々な謎があり面白い話が沢山あります。

これも人が受け継いで来ている、歴史があるからこその謎ですね。

 

なぜなのか?は仮説になりますので、いつかお話し出来る機会がありましたら。

 

今週土曜21日は風鈴会です。

4月はこの1回だけとなります。

 

場所は中野坂上、碁会所『たつみ』です。

お間違えのないようお気をつけ下さい。

 

朝稽古

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 12:41

先日、貴重な体験をさせていただきました。

それは。


相撲部屋の朝稽古見学です。


鳴戸親方(琴欧洲関)後援会長の方から、お声かけいただき

今回の運びとなりました。


朝7時半から始まった朝稽古。

最初はシコ踏みから始まりました。


5分過ぎ、10分過ぎ、30分過ぎ。

途中休憩もありますが、ずっと踏み続けます。


基本の基本なのでしょうね。

皆さん10代の若いお弟子さんが、真剣にシコを踏み続ける

姿は、それだけでも感動的でした。


摺り足の稽古に移り、ぶつかり合い等々。

その間、鳴戸親方はずっとつきっきりで指導しています。


素晴らしく分かり易い指導でした。

その指導のお陰で、こちらが相撲の動きが分かる様になりました。


4時間くらいお稽古されたでしょうか。

その日は少し寒い日だったのですが、お弟子さん達は背中から

湯気が立ち昇っていました。


終了後はチャンコをご馳走になりました。


お食事が美味しいのは勿論なのですが、お野菜もたっぷりで

体をしっかり作る為に、計算されているのを感じ取れるお食事でした。


その後は鳴戸親方と囲碁で対戦。

お弟子さんに囲碁のルール教室を、簡単ですが行いました。


皆さん理解が早く、直ぐに打てるようになってました!

囲碁なら親方と勝負?出来るかもですね。


鳴戸部屋は熱心な親方の元に、若いお弟子さんが沢山いて、活気溢れる良い雰囲気です。

五月場所が楽しみです。


改めまして、鳴戸親方はじめ、お弟子さんの皆様、部屋の皆様ありがとうございました。



今度は寒い

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 22:15

強風で荒れたと思ったら、今度は寒くなりました。

体調を崩さないようにお気をつけ下さい。


今日は一日お休みでした。

お休みの日はテニス🎾

寒かったのですが、運動すると気持ちが良いですね。


その後は指導碁の棋譜をまとめたり、テキスト作ったり。

そしてお昼寝!と私にとっては、充実したおやすみでした。


明日は水曜なので市ヶ谷日本棋院で、快速入段教室です。


明日はヨセの講義です。

ヨセは直ぐに上手になります。

大切なのはイメージと考え方です。


是非遊びに来て下さいね。






PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM